久々のブログと、てんとういち。

明日!! 25日(日)てんとういち vol. 7 に参加します!

10:00~15:00

場所 月廻り公園 高森町高森3016(大雨の場合はフォークスクール体育館)

陽窯はワークショップします。

内容は、石膏型を削ってオリジナル小皿を制作!

ちょっとまたハードルが高い…かも。まあ、いつものことか。

型を削るとこからのお皿作りは、頭がいつもの壁を飛び越えて

ぐちゃぐちゃぐるぐるになって、

やっとで生みだす(でてくる)感じが個人的にハマるとこなんですが、

少しでも伝わるといいなあ。。

あと、凹みがあればどんな形のモノも器になるという

単純なことが、お皿をつくる喜びの原点だったので、

今回のワークショップはこれからもバージョンアップしていきたいところです。

体験料 1500円(後日、陽窯で焼き上げた小皿1枚つき。

         また、何枚か欲しい方は1枚500円にてご注文受付ます)

    の予定です。

他にも、盛りだくさんのてんとういち。涼しい阿蘇にぜひ!!

7_6

今年も庭の芍薬が咲きました。

そういえば、前に書いた笑顔。という記事がありましたが、

そのときぼんやり頭に浮かんでいた人と結婚しました。

じわじわと縁があるものですね。

ただ、笑っていてくれたらいいと思っていても、

よく、薪割りしてくれないかな…とは思ってしまいます。

たぶん、今年芍薬の蕾をみて、ああ今年も二つか…もっと咲かないかな。

と思ったように。。

球根を植えて2・3年してやっと花が咲いたときの喜びや、

一つの花の美しさで幸せを感じた初心を忘れず、

大切にしていこうと、花が咲いたのをみて想いました。

Photo_2

Photo

山眠る。

中学生のとき、授業でつくって入選かなにかを頂いた俳句に、

たくさんの命かかえて山眠る

というのがありました。

山眠るは冬の季語ですが、阿蘇をみると頭に浮かんできます。   

俳句の授業けっこう好きだったな。

Aso_2

なんと今年4回目!のブログです。反省。。

いろいろありましたが、原因はたぶんFacebookです。

それにしても、

Facebookは友達になっている人の記事情報が毎日読めるのだけど、

ある意味、人と接しているのに満たされない感じがするのは何なんだろう。

ブログちゃんと書きます。わざわざコメント頂けることも嬉しいし、

私から生まれた言葉を書く事に結構、癒されてたな〜と思います。

↓最近、花壇に植えてもいない小さな花が…ポピー?ならいいのだけどcoldsweats02

  ポピー植えたいなと思っていたので生えてきたのかな。

Photo

だいぶ大きくなりました。

Photo

Photo_2

スミ子が母乳をあげるのを嫌がるようになってしまい、
子やぎから逃げまくるので
人間の赤ちゃん用の粉ミルクを飲ませてます。

ミルクを飲んでるときの顔は鼻の穴全開。
何ともいえない幸福感ですcatface


スミ子に赤ちゃんが産まれました!

Yagi_1

Yagi2

1月15日のことです。

夕方、お茶畑にスミ子を迎えにいくと、傍らに子やぎが二匹!!

ビックリしつつ、酪農のバイトでお世話になったおじちゃんに電話して

アドバイスをいただきました。

どうにかして早く初乳を飲ませなさい!とのことで、

奮闘しているところに、

更に一匹産まれて来ました。

寒くなったのでとりあえず家に連れて帰り、

やっと三匹とも初乳を飲ませ終わったら、

四匹目が!!

Yagi_3_2

スミ子も私も睡眠不足です。

今年もよろしくお願いいたします。

2013

あけましておめでとうございます。
上は今年の年賀状の挿絵をいろいろと検索していて採用した一枚です。

古代インド人は、
地球は一頭の象の背に乗っており、
その象は一匹の亀の上に、
その亀はコブラの上に乗っていると考えていた。

らしい。
地球が魂あるもので支えられているというこの感覚に何だか感動します。

もっとシンプルに、作品のことと、生きるということに絞って
生きていこうと思います。

今年は庭に登り窯を築いて10年目となります。
ローンももう少し。
今年は自分でお米作ろうかな。

「311から未来へ」の講演を聴いて。

寒くなりました。皆さまお元気ですか?

最近、また内向きな気分です。
それでも、今までのように自分の事ばかりやっていられないし、
動ける力をいただいているので、やっていけるような気もしています。
只一つ、やりたいようにできないということが苦痛なだけです。

「311から未来へ」の講演を聴いて、
そんな自分が被害者意識で生きているんだということに、ハッと気が付きました。
ゆみこさんのお話は、放射能と食のことだけではなく、
被害者意識が身体を壊す事に気づかせてくれました。

優しさゆえに我慢する事も、人によっては身体を壊す気がする。

森下美歩さんのフレッシュな講演と愛のある写真のエピソード。
橋本俊彦さんが今の福島で感じ、行動されていることの講演。
ゆみこさんのお話は、ありがたいことに何度か聞く機会がありましたが、
いつも感じる事が違います。
そして、主催してくださった真弓さん沙弥香さんも。
皆さん共通して、情熱を持って生きている人でした。

高キビハンバーグの試食もやっぱり美味しかった。
ありがとうございました。
↓笑顔もあちこちにshine

311

Photo

「311から未来へ」行きます!!

今週末、12月1日 県立劇場です。是非!!

詳しくは、「311から未来へ」見て聞いて味わうライブ講演

       ↑クリックお願いしますpaper

20121005140701d4e_3

20121005140722434_4

熊本開催の主催は mamy'sつぶつぶキッチン 下田真弓さん 090-2659-4898

宮崎開催の主催は あいのき                        荒木沙弥香さん 090-7165-0323 

です。チケット買いたい方は、直接ご連絡ください。

動いて知って考える。生きるってそういうことだと震災後思いました。

私の人生もよく考えたら、

温泉掃除の早朝バイトに行ったのがきっかけで、

いまだに登り窯の燃料の松をいただけてたり…。

あと、早朝の搾乳バイトに行って、ヤギをいただいたり…。

思いがけないことって結構あるのが面白い。

外に出ようよ!!

今年最後の稲刈りと庭のラブリーな虫。と近況。

ちょっと前ですが、今年最後の稲刈りをしました。

穂は紫のような色ですが、実はほのかに緑色な緑もち米です。

玄米餅にしたらかなり美味しいです。

手刈り天日干しです。

ここの田んぼは水がなかなか抜けないので、機械どころか靴もはけず、

裸足で稲刈り。田んぼも畑も裸足で入るのが好きです。

普段使わない感覚をビシビシ感じます。

さすがにこの時期になるとちょっと寒かったけど。

Photo_6

庭のビニールシートを剥いだらいた虫。ラブリーすぎて激写していたら、

顔は下の丸っこいとこでした。

Photo_4

Photo_3

Photo

最近、助っ人がいたので張り切って庭の木を片付けはじめ、

2日ほど働いたところ、二人してすっかり風邪をひいてしまいました。

そんな中、スミ子が草を食べていて石垣から落ち、首が絞まりかけて泡を吹いていました。

びっくりしました。

びっくりして涙しながら救助に奮闘している姿がウケたと言われながら、

助けてもらいました。

いろいろあって疲れがでたのでしょう。

いろいろ無いよりいいです。

皆さまも、お身体ご自愛くださいね。

«お米の名前。

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ